サイトメニュー

光治療の施術内容と特色

注射

肌トラブルを数々改善できる話題の美容施術

ソバカスやクスミ、それに赤ら顔など、素肌にまつわる悩みは数多くありますが、銀座の美容外科ならそれらの症状を改善できることから評判です。評判の美肌メニューにはBBLの光治療もあり、この施術では医療機器から発せられる光を患部に照射して、紫外線や加齢で生じた肌トラブルを治療します。施術する際は皮膚の汚れや化粧を落とす必要があるため、洗顔やメイクオフするのが一般的です。また、BBLの照射光はかなり眩しいことから、両目をアイシールドでしっかり保護することも欠かせません。さらに、照射中の熱エネルギーで火傷しないよう、施術部位にはジェルを塗り広げていくのも通例です。そして全ての準備が整いましたら、マシンのヘッドを肌にかざして光治療を開始します。治療中は皮膚に温かさを感じたり、パチッと輪ゴムが当たった時に似た感触を覚えるケースも少なくありません。痛みの感覚は個人差があるので一概に断定できませんが、この光治療は基本的に麻酔は要らない施術です。治療時間は照射範囲や内容によって違うものの、概ね数分から数十分の場合が多く、顔へ全体的に照射した場合は60分ほど掛かることもあります。そのほか、光照射は黒い部分に反応しやすいため、銀座の美容外科で施術を受ける際も、状況によって産毛や髭剃りを求められるかもしれません。

ハイセンスな街、銀座の美容外科でも評判が高いBBLの光治療は、単一の波長しか照射できないレーザーと異なり、幅広い波長を照射できる点が特徴です。例えば短い波長の光は素肌の表面付近にあるメラニン色素へ働き掛け、ソバカスやシミを治療します。短い波長でも、比較的長い波長の光は毛細血管へ作用するため、赤ら顔やニキビの改善に効力を発揮してくれるのです。それに対して長い波長の光は、角質層や表皮層より奥の真皮層まで届きますから、コラーゲンの活発な生産を促せるようになっています。これにより皮膚に張りが出て、タルミや小ジワといったエイジングサインも改善できる訳です。また、長い波長の光はニキビ跡にも有効なので、クレーター状の顔を何とかしたい場合にも適しています。1つの施術で多彩な美肌効果を望めるため、銀座の美容外科で人気ですが、ダウンタイムがほぼないことでも評判です。そして、ひと月に1回ほどのサイクルで数回施術を受けますと、一層優れた効果を期待できることも、この治療の特徴になります。そのほか、ソバカスやシミなどのメラニン色素は治療効果によって黒ずんだり、時にはかさぶたになるケースもあります。ですがある程度経てば勝手に剥がれ落ちるため、自然に取れるまでそっとしておきましょう。

Copyright© 2019 二重施術や脂肪吸引などを目的とする場合の手法や相場について All Rights Reserved.